南沢奈央の現在は結婚、出産で休業?相手は下野紘?サッカー選手?高校や大学?

南沢奈央プロフィール

生年月日 1990年6月15日
出身地  埼玉県
血液型  B型
職業   女優
代表作  生徒諸君!、象の背中、赤い糸、恋する日曜日 ニュータイプ、栞と紙魚子の怪奇事件簿 etc

今回は、女優・南沢奈央さんについてご紹介したいと思います。

2006年、スカウトをきっかけに芸能界入りし、テレビドラマ『恋する日曜日 ニュータイプ』で主演デビューを果たします。

その後CMやドラマで活躍し、第28回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンイメージキャラクターに選ばれ知名度を高めます。

携帯小説が原作の映画「赤い糸」への出演でも話題になります。

素朴な可愛さが売りの清純派女優さんですね。

現在は結婚、出産で休業?

南沢さんといえばつい最近、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんと真剣交際していることが発覚しました。

2人の馴れ初めは、7年前のテレビ番組「1億3000万人のエピソードバラエティー、コレってアリですか?」でのコント共演で、昨年交際がスタートしました。

年の差は12歳差ということで、ちょうどひと回り離れているそうです。

当時の番組スタッフは「若林さんのアドリブに南沢さんもアドリブで切り返し、凄く息が合っていた」と言い、“人見知り芸人”として有名な若林さんが、現場を一生懸命盛り上げていたというのです。

巧みな話術で番組を切り盛りする若林さんに、南沢さんは尊敬の念を抱き、恋心に変わっていきました。

交際に発展したのは、出会いから7年たった2017年9月で、2人の共通の趣味である「読書」と戦後を代表する落語家「古今亭志ん生」がきっかけでした。

南沢さんと若林さんは、ここまで趣味が同じだと、笑いのツボも同じですし、一緒にいて楽しめるので、相性抜群の関係ですね。

周囲によると、2人とも忙しくあまり頻繁には会えていないそうですが、若林さんの所属事務所は、

「真面目にお付き合いさせていただいています。本人から報告を受けています」

とコメントしており、南沢さんの事務所も、

「交際は事実です。真剣にお付き合いさせていただいています」

交際を認めていました

最近、南沢さんをあまりメディアで見かけないことから、結婚、出産で消えた?なんてささやかれていますが、単に仕事をセーブしているだけのようです。

熱愛相手は下野紘?サッカー選手?

南沢さんと声優の下野紘さんが交際を噂されるようになったきっかけは、2016年に共演した「プロデューサーK」がきっかけでした。

下野さんの薬指に指輪が光っていたことから、当時共演していた南沢さんに疑いがかけられたみたいです。

また、よくあるのが南沢さんがサッカー選手と結婚しているという噂ですが・・・

これは元日本代表で鹿島アントラーズ所属のサッカー選手・中田浩二さんと結婚した長澤奈央さんと情報が混在しているだけのようです。

すべて勘違いからうまれた噂ですね。

出身高校や大学はどこ?

埼玉出身の南沢さんは埼玉大附属小学校(現在の埼玉大学教育学部附属小学校)出身です。

中学・高校は一貫校である明治学院中学校、明治学院高等学校を卒業しています。

明治学院高等学校の偏差値は68前後なので、かなり優秀なのですね!

その後大学受験をされ、2009年に立教大学現代心理学部に自由選抜入試で合格しています。

自由選抜入試というのは、自己推薦型のような入試で、学業だけでなく、学業以外のことも含めて総合評価で合格が決まります。

受験時期はちょうど映画『赤い糸』の撮影と重なっていたため、朝一番で登校し、誰もいない教室で勉強したり、同じく受験生だった弟とリビングで一緒に勉強したりとかなり努力したそうです。

立教大学は、南沢さんの両親が出会われた場所でもあったそうで、強い憧れがあり、どうしても合格したかったのだとか。

合格した現代心理学部映像身体学科という学科は、映像に関する心理的な思考、表現や、映像と社会との関連性を学ぶところです。

具体的な授業は、ドキュメンタリー製作などをするのだそうで、南沢奈央さんは、そのような授業を通して、「映画やドラマは多くの製作スタッフに支えられていることや、本当に映画や舞台が好きで、毎日欠かさず見ている人たちと接することで、世界観が変わり、女優として、大きく成長できた」、とおっしゃっているのだそうです。

女優業のプラスになっているのですね!

そして、南沢さんは2013年に立教大学をしっかり4年間で卒業しています。

芸能活動が忙しい中でも、学業と両立しており立派ですね!

この辺で南沢奈央さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする