濱田龍臣がウルトラマンゼロとジードに!身長止まった?子役時代は?高校どこ?

濱田龍臣プロフィール

生年月日 2000年8月27日
出身地  千葉県
血液型  A型
職業   俳優
代表作  龍馬伝、怪物くん、表参道高校合唱部、ウルトラマンジード、模倣犯、花のち晴れ〜花男 Next Season〜 etc

今回は、俳優・濱田龍臣さんについてご紹介したいと思います。

2011年8月下旬より放送されたダンロップのCM「タイムトラベル未来篇」に福山雅治と出演し、2010年の大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬を演じた2人が初めて共演することとなり話題になります。

9歳のときに2010年の映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』でサブキャラクターのナオ役として出演した後、2017年のテレビシリーズ『ウルトラマンジード』でウルトラマンジードに変身する朝倉リク役として主演することが決まり夢をかなえます。

子役時代からドラマ、映画、CMなど引っ張りだこの期待の俳優さんです。

ウルトラマンゼロとジードに!

テレビ東京系にて、2017年7月8日朝9時より放送がスタートした「ウルトラマンジード」

主人公・朝倉リクを演じる濱田さんは子供の時からウルトラマンシリーズの大ファンなんだとか。

現在放送中の「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」で描かれている、ウルトラセブンの息子ウルトラマンゼロと、宿敵ウルトラマンベリアルの銀河の存亡をかけた戦いのクロニクル。「ウルトラマンジード」は、それに続く物語となる。

濱田は、映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(2010)以来のウルトラマンシリーズへの出演となる本作で、主人公・朝倉リクを演じる。

また、小説家・乙一がシリーズ構成を手掛け、メイン監督は坂本浩一が務める。

濱田さんは、ウルトラマンゼロ・シード両方に出演しているということになりますね。

このシリーズに連続して携わるとは、すごい快挙です!

この発表に、濱田さんのファンはさっそくSNS上で

「次のウルトラマン気になる」
「新しいウルトラマン楽しみ」
「可愛かった濱田龍臣くんが16歳になってた…時の流れ…」
「龍臣くんイケメンになったな~」
「龍臣くんが16歳なことに衝撃受けた…」

と話題にしていました。

子役時代から濱田さんを応援しているファンも多くいるので、今回の抜擢を素直に喜ぶ親心をもった方が多かったようですね。

2018年2月21日には「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」の完成披露上映会が、東京・新宿ピカデリーで行われ、濱田さん始め、本仮屋ユイカ、石黒英雄、青柳尊哉、監督の坂本浩一らが登壇しました。

また終盤のフォトセッションタイムでは、カメラに笑顔を向ける濱田さんに対して、会場内のあちこちにいる子供たちから「リク!」「リクー!!」と声援が湧きあがりました。

徐々に大きくなり、鳴り止まない「リク」コールを受け、濱田は照れくさそうな笑みを見せながら「『ウルトラマンジード』は自分自身とても成長できた作品です。

この劇場版は、そんなジードの集大成。スタッフさんやキャストの思いを全力でぶつけて作ったので楽しんで観てください!」と呼びかけた。

長年の夢だったウルトラマンシリーズでの主演に感無量といったところでしょうか。

今後も俳優としてウルトラマンにいろいろな形で携われるといいですね!

身長いくつ?身長止まった?

子役当時の濱田さんの身長は135cmほど。子役としてはごくごく普通の身長ですよね。

そして現在の濱田さんはというと、写真で見ても分かるようにすらりとした身長の好青年に成長していますよね!

映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』の試写イベントで「約40センチも身長が伸びた」「今、身長173センチです」とコメントした濱田さん。

一気に成長期に入ったようですね!

14歳で173cmってかなり高い方なのではないでしょうか。モデルとしても活躍できそうですよね!

最近の写真を見ると173cmからあまり変化がないように思えますので、そのまま成長はストップしているのかもしれませんね。

子役時代はどんな感じ?

2歳のときにエキストラの事務所に所属していた祖母と、同じ事務所に子役の登録をしたことがきっかけで芸能界入りします。

2006年、6歳のときに『熟年離婚回避SP2』にてテレビデビューし、2010年には大河ドラマ『龍馬伝』の主人公、坂本龍馬の幼少役に大抜擢されます。

その時の主人公龍馬を演じたのが、国民的大スター・福山雅治さんでしたね。

当時、福山さんはインタビューで濱田さん本人を前に「僕に似ているね」と、もらすほどだったとか。

2人が似ているとネット上でも話題になり、瓜二つのイケメン顔にドラマを観た視聴者からは、幼少から成長した青年龍馬の姿に違和感を感じさせなかったと大好評でした。

『龍馬伝』では、残念ながら共演シーンはなかった2人ですが、ダンロップのテレビCM『スタッドレスタイヤ「DSX-2」』で夢の共演を果たします。

撮影現場でのふたりは、『龍馬伝』で親交があったからか、チームワークは抜群だったとか。

ファンは念願の2人の共演に感無量だったことでしょう。

濱田さんが『龍馬伝』の次に出演した作品は、人気漫画『怪物くん』の実写ドラマです。

主演の怪物くん(怪物太郎)を、嵐の大野智さんが演じ、意外にもこれが大野さんにとってドラマ初出演となり話題となりました。

すでに可愛い子役として認められていた濱田さんでしたが、今度はアイドルとの共演ということもあってさらに注目をあつめました。

また、濱田さんが演じた市川ヒロシ役は、「カイカイ体操」を披露する奇想天外な役で、可愛らしい顔にプラスされたコミカルな演技で人気を確実にしました。

ドラマは大成功し、映画化もされましたね。

パーマをあてたというクルクルヘアーも人気で、まさに天使のようなかわいらしさでした。

高校どこなの?

千葉県市川市出身の濱田さん。中学は市立高谷中学校で、バトミントン部に所属していたようです。

高谷中はバトミントンの強豪中学校と知られていますが、強者ぞろいの中で濱田さんはなんとレギュラーだったようです。

芸能活動と部活動を両立させていたらしく、努力家なんですね!

高校名は明かされておりませんが、堀越学園ではないかと言われています。

怪物くんで共演した川島海荷さんも、この高校を卒業していますね。

芸能活動がOKであり、現在も多くの芸能人が通学している高校なので、可能性としては高いですよね。

もう一つ芸能人御用達の高校として有名なのが日出高校ですね。

こちらも芸能活動への理解が高く、近くに芸能事務所も多いというだけあって、多くの著名人を輩出しています。

どちらかの高校に通っている可能性はありますが、詳細は不明です。

この辺で濱田龍臣さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする