桐谷健太の結婚相手の嫁は宮崎出身の性豪バカ女?子供の幼稚園や名前は?

桐谷健太プロフィール

生年月日 1980年2月4日
出身地  大阪府
血液型  O型
職業   俳優
代表作  GROW 愚郎、クローズZERO、ROOKIES、BECK、JIN-仁-、水族館ガール、火花、TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ、ビジランテ etc

今回は、桐谷健太さんについてご紹介したいと思います。

俳優養成所『アクターズクリニック』で演技を学び、モデル事務所、個人事務所を経て2002年に現在の芸能事務所に所属しました。

2007年に『GROW 愚郎』の村上敦役で映画初主演を務め、翌2008年、テレビドラマ『ROOKIES』の平塚平役で知名度を高めます。

2013年10月、テレビドラマ『Y・O・U やまびこ音楽同好会』の主題歌『喜びの歌』でCDデビューを果たします。

2016年9月、本人名義の初CD作品となるアルバム『香音-KANON-』をリリースし、同年12月、au三太郎シリーズのCMソング『海の声』で『第58回日本レコード大賞』優秀作品賞を受賞しました。

また、2015年度・2016年度の2年連続で『CMタレント好感度ランキング』(CM総合研究所)の男性部門で第1位を獲得するなど、全国民に愛される俳優さんですね。

結婚相手の嫁は宮崎出身の性豪バカ女?

あまり知られていませんが、桐谷健太さんは結婚されています。

結婚公表は2014年4月2日、事務所の公式ブログで結婚と嫁の妊娠の報告を同時にされています。

桐谷は、「突然ですが。ほんまに突然ですが。桐谷健太、本日、入籍しました」と報告し、「あまりにいきなりで驚かしてしまったら、ごめんなさい」とファンに謝罪。

桐谷健太さんの突然の結婚にびっくりされたファンの方も多かったようです。子供も授かっていてダブルでビックリですね。

そんなお嫁さんはどんな方なのでしょうか。

「相手は29歳、母性が強く、おっとりとした、心根の優しい一般女性です。初めて出逢ったのは4年前。急接近は昨年の暮れ。決めたのは本能です。俺、年内中にお父さんになります」

結婚を決めたのは「本能」と言われていますが、このコメントはネットでバッシングを受けました。

「本能」という言葉について、相手女性が宮崎県出身だということから、「宮崎の恥」と出身の宮崎県民からも言われてしまったようです。

「本能」のままに「できちゃった結婚」したなんて発言してしまったので・・・相手の女性は「性豪」「バカ女」などとあまりよろしくない言われをしています。

5歳年下の奥さんは、六本木で働く元キャバ嬢だったそうです。そのキャバクラに通っていた桐谷さんが奥さんに惚れ込んだということですね。

さらに奥さんは「地雷嬢」なんて言われているんです。

ちなみに「地雷嬢」とは主にキャバクラ嬢(客の隣に座って会話を盛り上げながらお酌をする人)を指して使われれる言葉で、以下の2つの意味で使用されます。
•容姿があまり良くない
•適当な接客でサービスがよくない

これが本当なら桐谷さんが「しくじり婚」と言われるゆえんも納得してしまいますね・・・

2015年になって、ようやく桐谷さんと花嫁は極秘の結婚式を、花嫁の実家がある宮崎で行っています。

事務所関係者と身内だけの極秘挙式は、厳戒態勢で行われたようです。

「親御さんに花嫁姿をひと目見せたいという奥さんたっての希望で、入籍1年余りでやっと実現した結婚式ですが、友達は呼ばなかったみたい。しかも事務所サイドからNGが出て、身内ですら写真撮影はダメ。桐谷君の地元・大阪でも今後、結婚パーティーを兼ねた食事会を開くそうです」

親しい友人にも晴れの舞台を見せられないというのはなんだか悲しいですね。

子供の幼稚園はどこ?名前は?

2人の間には、結婚と同年の2014年に第一子が無事に誕生されています。誕生時期や性別は非公表とのことです。

そして2016年に第二子が誕生しています。2人目の子供についても、性別など一切非公表になっています。

突然ですが、俺、桐谷健太の世界に、2人目の天使が誕生してくれました。 春風もつかめそうな気分です。

非公表の理由については第一子誕生のときに、「しくじり婚」と噂されたことが関係しているようです。

桐谷さんはイケメンで目鼻立ちがはっきりしているので、お子さん達もさぞかし可愛いいはずですよね。

しかし桐谷さんも嫁もSNSをやっていないので、プライベートの情報がほぼなく、残念ながら見つかりませんでした。

現在1人目が3歳1か月~3歳5か月、2人目が1歳10か月~2歳1か月くらいだと思われるので、幼稚園に通っているはずですが、どこの幼稚園に通っているかも不明でした。

芸能人のお子さんはたいてい幼稚舎から大学まで一貫の私立に通っているので、青山学院や慶應義塾など名門幼稚園かもしれないですね。

この辺で桐谷健太さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする