和田正人は日本大学で箱根駅伝に出場、記録は?桑子真帆と不倫?結婚と離婚歴あり?

和田正人プロフィール

生年月日 1979年8月25日
出身地  東京都
血液型  O型
職業   俳優
代表作  死化粧師 エンバーマー 間宮心十郎、非公認戦隊アキバレンジャー、ごちそうさん、地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子、陸王 etc

今回は、俳優・和田正人さんについてご紹介したいと思います。

大学卒業後に日本電気に就職し、陸上部に所属するも、2003年には廃部になってしまった和田正人さん。

それを契機に、2004年に俳優へ転身します。

2013年のNHKの朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロインの幼馴染である源太役として起用され、世間に広く知られるようになりました。

最近では、大ヒットドラマ「陸王」で見せた演技でも話題になっています。

日本大学で箱根駅伝に出場、記録は?

中学校時代は元々ソフトボール部に所属していた和田さん。足の速さを買われ、陸上競技で実績を残すようになります。

推薦入学で高知県立高知工業高等学校、日本大学文理学部体育学科へと進学し、大学では陸上競技部に所属しました。

4年生の時には主将を務め、関東インカレでも活躍。

2002年の第78回箱根駅伝では、復路9区(23.2km)を、区間記録第5位の1時間10分52秒で走破した。

大学4年時の箱根駅伝時点でのベストタイムは10,000mが28分56秒00、ハーフマラソン(21.0975km)が1時間4分12秒。

ハーフマラソンでは、大学4年次に香川丸亀国際ハーフマラソンで当時日本ランキング17位となる1時間2分24秒を記録している。

ドラマ「陸王」への出演も、箱根駅伝での実績を買われてのことでした。

「3日に行われた復路で、駒澤大のエース・工藤有生選手がふらつきペースダウンするアクシデントが起きました。

和田はその姿を見て《駒澤大7区工藤選手の異変。20年くらい前から、突如として長距離界に蔓延し始めた、片足の力が抜ける例のヤツかもしれない》と、自身の経験を踏まえてこうコメントしたことが話題になりました」(前出・スポーツ紙記者)

これを読んだファンからは「エース区間の経験談、カッコいい」「和田さんの知識すごい!」など絶賛コメントが殺到し、和田がつぶやいた「工藤選手」が、なんとTwitterのトレンド入りまで果たしたという。

大学卒業後は、日本電気(NEC)に就職して同社の陸上部に入りますが、入社してから2年目の2003年に陸上部は経費削減のため廃部となってしまいます。

かなりショッキングな出来事でしたが、それを機に俳優を志すようになりました。

桑子真帆と不倫の真相は?

和田さんは、今年に入ってからNHKアナウンサーの桑子真帆さんと不倫関係が噂されるようになりました。

桑子真帆アナは、2017年5月30日にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚していましたが、わずか1年というスピード離婚をしています。

これを受け、ネット上では離婚原因についてさまざまな推測の声があがっています。

かつて桑子アナが、平昌五輪開会式の中継で現地司会を務めたとき、それ以降、姿を見かけないとの声がSNSで拡散されたことがあった。

その際、俳優の和田正人が自身のツイッターで「ここにいますよー」とツイートしたことが話題に。

その際には、「既婚者同士が会うのって…」「心配しているのに不謹慎」と炎上騒ぎになったのだが、今回の離婚報道を受けて「和田正人と会う余裕はあったのにね」「本当に多忙だったのか」と疑問の声があがっている。中には「不倫があったのでは」「他に好きな人ができたのでは」との推測も。

うーんお互い新婚さん同士ですし、不倫にしてはかなりオープンすぎますよね。

桑子アナは、以前から和田さんのSNSにたびたび登場しており、吉木さんのSNSにも登場するくらいなので、家族ぐるみの仲なのではないでしょうか。

いずれにしても証拠写真があるわけでもないのに、不倫と決めつけるのはよくないですね。

結婚歴と離婚歴あるって本当

和田さんは、2017年11月22日、タレントの吉木りささんと結婚しています。

2人は2016年4月から交際をスタートさせており、同年7月にはフライデーされています。2人そろって交際宣言をしたことで、好感度の高いカップルとなりました。

そんな和田さんには、吉木さんと交際前に、婚約していた彼女がいました。

その女性とは大学時代から交際しており、売れたら結婚しよう!と約束していました。

残念ながら破局してしまったようですが、吉木さんと付き合い始める前の話のようですね。

そして、和田さんでは複雑な家庭環境で育っているようです。

和田正人には2つ上に兄がいるそうで、とても仲が良いそうです。それにはある理由があるとのこと。

和田正人は幼少期に両親が離婚をしており、実兄とともに父方に引き取られたそうです。

ですが父親は単身赴任をしていたので父親に代わって祖父母に育てられたとのこと。

両親が離婚をしたのは、和田正人が2歳くらいのときだったそうで、兄には母親の記憶があり兄弟で母親に対する気持ちは全く違ったそうです。

兄の反抗期は母親に捨てられた気持ちが強く、反抗期は凄かったそうです。

和田さんは、そんな兄を見ていたこともあって反抗期はなかったのですが、大人になってから心に空いた穴を埋めるために母親と再会したそうです。

母親からの愛情を知らないことで自身の行く手を阻み、一歩も前に歩けないように感じることがあったとか。

こういったエピソードもあり「離婚」というワードが浮上することになったようですね。

この辺で和田正人さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする