横山裕と水卜麻美が破局後復縁で現在結婚準備中?本名は真島?生い立ちが凄い?

横山裕プロフィール

生年月日 1981年5月9日
出身地  大阪府
血液型  A型
職業   アイドル・俳優
代表作  ザ・クイズショウ、左目探偵EYE、ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子、破門 ふたりのヤクビョーガミ、累 -かさね- etc

今回は、関ジャニ∞・横山裕さんについてご紹介したいと思います。

1996年に母親が履歴書をジャニーズ事務所に勝手に送り、オーディションで合格します。

その後、渋谷すばる、村上信五らと関西ジャニーズJr.として活動し、2002年に関西ジャニーズJr.のメンバーで関ジャニ∞を結成し、2004年「浪花いろは節」でCDデビューを果たします。

今では、バラエティ番組などでも引っ張りだこの人気グループです。

水卜麻美と破局後、復縁で現在結婚準備中?

2015年7月、『週刊文春』に“おうちデート”を報じられ、親密交際が噂された横山さんと水卜麻美アナ。

色々と障害を乗り越えながらも、熱愛関係を継続していった2人ですが、2017年に一部で破局説が流れていました。

「ジャニーズからすれば、人気にマイナスなスキャンダル。日テレとしては女子アナがタレント交際という“職権乱用”も甚だしいスキャンダルで互いにバツが悪かった。

日テレの局内では『水トアナは調子に乗ってる』と悪評がささやかれ始めている」(芸能記者)

やっぱり事務所や会社からかなり怒られたようですね。しかし、実際は復縁しており、結婚秒読みとも言われています。

「2017年の9月末、『ヒルナンデス!』を卒業した際に、水トアナが周囲に自慢げに話をしていたんです」

なんと水トアナは、『ヒルナンデス!』の卒業祝いとして、横山から高級ネックレスをプレゼントされたというのだ。

また、水卜アナのフリー転身の話が具体的に動き出したといわれていますが、真相はどうなのでしょうか?

「彼女の独立を後押ししたのは、“結婚”が決まったことじゃないか、といわれているんですよ。なんでも、前々から交際の噂があった関ジャニ∞の横山裕との結婚をジャニーズ事務所が許可したらしい、との情報が広まっています。

結婚の時期など詳細はわかりませんが、最近、水卜アナはダイエットに成功してファッションも変わったと、日テレ内でも評判なんです。

なんでも、急激に色っぽくなったんだとか。それも『恋愛が順調だからだろうねえ』と、水卜を知る日テレ関係者はみんな微笑ましく見守っているみたいです」

結婚準備に向けてダイエットしているのでしょうか?確かに最近痩せて可愛くなりましたよねー!

2人の結婚報道が聞ける日も近いかもしれません。

本名は「真島」っていうの?

横山さんの本名は、「横山 侯隆(よこやま きみたか)」さん。苗字は「横山」で変わりませんが、「真島」が本名と言われているようです。

これについて調べてみると、真島という名字はお母さんの旧姓でした。横山さんの家庭は少しだけ複雑で、ご両親は離婚をされています。

横山さんが幼少の頃に母親が「横山」という方と再婚をしたため、それで横山となったようです。

しかしその後、離婚をされているので、一旦「真島」となったわけですね。

横山さんにとっては、小さい頃から横山姓で生きてきたので、それを今も使っているという感じですね。

そんな横山さんですが、その大切なお母さんを2010年に亡くされています。

関ジャニ∞メンバーは葬儀後、丸山隆平さんの家に集まって、「これからは俺らが横山の家族にもならなあかん」とみんなで誓いあったそうです。とても感動する話ですね。

生い立ちが壮絶で凄い?

明るいキャラクターで、いつも周りを笑顔にしてくれる横山さんですが、その生い立ちが壮絶なものだと話題になっています。

横山さんが3歳のときに両親が離婚し、すぐに母親は再婚。横山さんが6歳のときに次男、8歳のときに三男が産まれています。

しかし横山さんは、母親の再婚相手から邪魔者扱いされることとなり、母親も義父の機嫌を取るために横山さんを邪見に扱っていたそうです。

そして母方の祖父母に横山さん1人が預けられることになりました。そのときまだ4歳という幼い横山さん。心に深い傷を負ったことでしょう。

そして、横山さんが中学生の頃に祖父が亡くなってしまいます。横山さんのソロ曲「413man」には祖父への思いがつづられています。

祖父の死後は母親の元に引き取られましたが、なかなか馴染めなかったようです。

義父はネグレクトで、意味もなく殴ってきたりと横山さんを虐待していました。

さらに義父は実の息子である弟さんにも手をあげるようになったとか。

横山さんは、高校進学を許してもらえず、稼ぐように言われた横山さんは、母親が送った履歴書がきっかけでジャニーズ入りをすることになります。

その後母親は、再婚相手とも離婚し、母子家庭として生活するようになります。

生活は苦しく、4畳2間のアパートだったといいます。

横山さんは中学生のときからアルバイトで家計を支え、卒業後は建築会社に就職していました。生活費や弟2人の学費、進学費用などすべて横山さんが稼いでいたそうです。

現在は弟とも大の仲良しで、別々に暮らしてはいるものの、時折連絡を取り合っているようです。

幼い頃から苦労が絶えなかった横山さんですが、これからは自分のことだけを考えて幸せになってほしいですね!

この辺で横山裕さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする