玉山鉄二の結婚相手、嫁の「はるか」は韓国人?現在子供はいる?実家はどこ?

玉山鉄二プロフィール

生年月日 1980年4月7日
出身地  京都府
血液型  O型
職業   俳優
代表作  百獣戦隊ガオレンジャー、離婚弁護士、BOSS、天地人、ブラザー☆ビート、マッサン、NANA、ルパン三世、西郷どん etc

今回は、俳優・玉山鉄二さんについてご紹介したいと思います。

1999年6月、ドラマ『ナオミ』で俳優デビューし、2001年には、スーパー戦隊シリーズ第25作・『百獣戦隊ガオレンジャー』の追加戦士、ガオシルバー / 大神月麿(おおがみつくまろ)役で知名度を高めます。

2014年9月末、連続テレビ小説『マッサン』で連続テレビ小説初出演・初主演を果たし、再度注目されている俳優さんです。

結婚相手、嫁の「はるか」は韓国人?

玉山鉄二さんは2012年2月14日、公式サイトにて兼ねてより交際していた一般女性と結婚した事を発表しました。

年齢は玉山鉄二さんより少し年下に見えるぐらいの年齢。女優の杏さんのようなスレンダー美女で、エキゾチックな雰囲気があるようです。

2011年、週刊誌で新恋人との熱愛が報道されました。すでに、そのとき交際している女性と同棲しており、現在のお嫁さんなんだとか。

週刊誌では、玉山鉄二さんが酔っぱらったお嫁さんをおんぶしているところも週刊誌に写真付きで掲載されています。

玉山鉄二さんは、交際当時からお嫁さんのことにゾッコンで、車での送り迎えなども当然のように行っていたらしいです。

玉山鉄二さんは相当尽くしていたようですよ。玉山さんは、いま交際している女性にベタ惚れみたいですよ。送り迎えから始まり、彼女に尽くしまくっているといいます。

玉山鉄二さんがお嫁さんと出会ったきっかけは、俳優の山田孝之さんの紹介でした。

玉山鉄二さんと山田孝之さんは親友で、玉山鉄二さんの奥さんは、山田孝之さんの奥さんの友人ではないかとも言われています。

2人は出会ってすぐ交際をスタートさせ、半年後に結婚というスピード結婚でした。

玉山鉄二さんの奥さんは韓国人なのでは?と言われていますが、どうやらある写真から勘違いを生んだようです。

玉山鉄二さんの隣にいるのがお嫁さんと言われているようですが、隣にいるのは韓国で活躍する女優だそうです。

そのために、お嫁さんは韓国人だった!と言われるようになりました。

また、「はるか」という名前だといわれていますが、これは奥様は取扱い注意!で共演した綾瀬はるかさんのことで、玉山鉄二さんの奥さんには、まったく関係ないことのようです。

現在子供はいるの?

玉山鉄二さんと奥さんの間には、2012年8月8日に第一子となる長男が誕生しました。

できちゃった婚でしたが、玉山鉄二さんは周囲がびっくりするくらい親バカっぷりを発揮しているようです。

俳優の津川雅彦さんが、玉山鉄二さんの子供が誕生したとき、おもちゃのプレゼントをしました。

赤ちゃん用おもちゃ作成キットをプレゼントされ、毎日5分、2カ月かけて作るものだとか。

しかし玉山鉄二さんは、早くあげたかったために3日で完成させたようですよ。

玉山鉄二さんは、自身の子供は絶対に芸能界に入れないと語っているようです。二世として偏見の目で見られたり、芸能界の厳しさを知っているからでしょう。

玉山鉄二さんのお子さんなら相当イケメンなんでしょうね!いつかその姿を見てみたいです。

実家はどこなの?

玉山鉄二さんは、在日韓国人という噂もでていますが、実家はどこなのでしょうか?

京都府城陽市で生まれ育っている玉山鉄二さんですが、自身の父親が在日韓国人であることを自ら語っています。

玉山鉄二さんは以前番組で、「3年ぶりに母国に行った」と語っており、そのときに父親が韓国人だと明かしました。

玉山鉄二さんは日本国籍ですが、本人は祖国を韓国だと思っているようで、そのために一時はネットで話題になっていたようです。

母親は日本と韓国のハーフだそうで、玉山鉄二さんは「機会があれば韓国で活動したい」とも語っています。

玉山鉄二さんは、3人のお姉さんがいる4人兄弟の末っ子。両親は、初めての男の子にすごく嬉しかったようです。

子供の頃は、末っ子ながら自分から先頭にたって何かをやることが楽しかったとか。

そういった子供時代を過ごしたために、今でも周りの人のために何かをすることが当たり前な性格になったようです。

玉山鉄二さんは3人のお姉さんに囲まれて育ったために、父親は玉山鉄二さんが女の子っぽく育たないか心配していたのだとか。そのため、お姉さんたちよりも厳しく育てられたようです。

現在は自身も父親の立場になり、息子を教育していく難しさを感じていることでしょう。

この辺で玉山鉄二さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする