オダギリジョーが結婚した嫁と離婚?香椎由宇の読み方?子供の名前や死因は?

オダギリジョー プロフィール

生年月日 1976年2月16日
出身地  岡山県
血液型  O型
職業   俳優
代表作  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン、蟲師、ゆれる、メゾン・ド・ヒミコ、血と骨、時効警察、新選組!、ビギナー、サトラレ、八重の桜  etc

今回は、俳優・オダギリジョーさんについてご紹介したいと思います。

1999年に舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビューを果たし、『仮面ライダークウガ』(2000年)の主人公・五代雄介(ごだい ゆうすけ)役にオーディションで選ばれ注目を集めます。

その後映画、舞台、ドラマを中心に活躍しており、独特の雰囲気と存在感で人気を博しています。

結婚した嫁「香椎由宇」と離婚?

2007年12月27日、女優の香椎由宇との結婚を発表したオダギリさん。

映画『パビリオン山椒魚』での共演が交際のきっかけとなり、翌2008年、2人の誕生日である2月16日に婚姻届を提出しました。

結婚して10年がたつ2人ですが、離婚説がささやかれることもしばしば。

その原因は、沖縄へ移住したことによるのだとか。

オダギリジョーさんと香椎由宇さんの長男が生まれた年に、東日本大震災が発生し、震災の影響で福島第一原発が爆発事故を起こしました。

放射能汚染が問題視される中、以前から沖縄で子育てをしたいと望んでいた2人は、思い切って移住を決断したとのこと。

オダギリジョーさんは、仕事の関係で東京に単身残り、香椎由宇さんと長男だけが沖縄へ移住しました。

これは週刊誌でも書かれていたのですが、東日本大震災の翌日に、オダギリジョーさんは韓国での仕事のため、家を空けました。

そして「この子を守れるのは私しかいない!」と元々、仕事人間なオダギリジョーさんには相談せず、香椎由宇さんが独断で沖縄移住を決めたそうです。

これにより離婚説が浮上してしまいましたが、今も家族仲良く暮らしていることは間違いないようです。ただの噂でよかったですね!

嫁「香椎由宇」の読み方や本名は?

現在女優業をセーブし、主婦業に専念している香椎由宇さん。

現在はメディアに露出しないので、どんな方だったかうろ覚え・・・な方も多いと思います。

香椎由宇さんは、しばしばその名前の読み方が難しい!わからない!と言われることが多いです。

読み方は「かしいゆう」で、本名は香椎悠子「かしいゆうこ」です。かなり珍しい名前ですよね。

小学校6年間を、シンガポール日本人学校で過ごした帰国子女で、16歳の時に2級小型船舶免許を取得しているというお嬢様っぷり。

結婚前は、門限が22時と決められていたようで、オダギリさんはきちんとその言いつけを守ったそう。

ちなみにオダギリジョーさんの本名も「小田切 譲」という芸名と同じ読み方なので、結婚して香椎さんは「小田切 悠子」に姓が変わっています。

子供の名前や死因は?

オダギリさん夫妻には、2011年2月に第一子となる長男が誕生し、2014年4月、第二子となる次男が誕生しています。

しかし、次男は1歳の誕生日を迎えた直後の2015年4月に、絞扼性(こうやくせい)イレウスによってこの世を去ってしまいました。

この日、同マンションに住むオダギリジョー(39才)と香椎由宇(28才)夫妻の次男・Aちゃん(享年1)の通夜が、自宅の一室でひっそりと営まれていた。

「お子さんの亡骸を前にして、香椎さんもオダギリさんも憔悴しきっていて…。あまりにやつれきったふたりの姿に、親族も声をかけることさえできずにいました…」(オダギリの知人)

2人の所属事務所が、次男の急逝を公表したのは、4月24日のことでした。

《1才9日という短い命ではありましたが、生前の御厚詛を深謝し、謹んでご通知申し上げます》。

4月20日、絞扼性(こうやくせい)イレウスによって亡くなったとだけ記され、詳細は明らかにされませんでしたが、オダギリさん夫婦は慟哭の1週間を過ごしていました。

「その日、Aちゃんは朝から苦しそうで、便の様子もおかしかったので、香椎さんが病院に連れて行ったところ、絞扼性イレウスと診断されたんです。すぐに入院して、14日に緊急手術が行われました」(香椎の知人)

絞扼性イレウスとは、腸がねじれて締まった状態になり、血流が止まってしまう腸閉塞の一種。放置すれば腸が壊死して死に至るため、治療には外科手術が必要だ。

その後、2016年に第三子となる三男が誕生し、今は家族4人で幸せに暮らしています。

オダギリジョーさんの息子たちのお名前ですが、プライベートなことは完全非公開主義のため、一切情報がありませんでした。

子どものプライバシーを守るためにも、今後も公開することはなさそうですね。

この辺でオダギリジョーさんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする