谷まりあが太った理由は?彼氏は誰?高校どこ、大学は早稲田で学部は商学部?

谷まりあプロフィール

生年月日 1995年7月28日
出身地  東京都
血液型  B型
職業   モデル
代表作  ViVi、世界の果てまでイッテQ! 英語でしゃべらないとJr! えいごキッズ ミサワホーム ミュゼプラチナム etc

今回は、モデル・谷まりあさんについてご紹介したいと思います。

日本人とパキスタン人のハーフとして生まれた谷まりあさん。中学生の時に芸能活動を始め、大学生のときに現役女子大生モデルとしてViViに出演します。

特技の英語を活かし、世界の果てまでイッテQ!にて出川ガールとしても出演し、人気を集めているモデルさんです。

最近太ったと囁かれているが、太った理由は?

人気モデルとして大活躍中の谷まりあさんですが、なぜか『足太い』『足短い』『太った』などのワードが出てきます。

本当ならモデルになれるはずがないので、明らかに嘘なのはわかっていますが(笑)

おそらくモデルデビュー前の全身写真が出回っていて、それを見ると写りが悪いのか、足が太く見えてしまいます。

他モデルと比べても、身長160cmと小柄のため、少し幼児体型に見られてしまうようですね。

他の痩せすぎているモデルと比べたら、確かに太いかもしれませんが、健康的でスタイルは良い方だと思います!

デビュー当時から見ても、太っている様子は一切なかったので、写真の角度的に太くみえてしまうことがあっただけかもしれません。

熱愛彼氏は誰なの?

美人で才女の谷まりあさんですから、当然気になるのは熱愛彼氏の存在ですよね。

早稲田大学出身ということもあり、彼氏も早稲田大学なのでは?なんてささやかれています。

しかし、谷まりあさんには、浮いた話が過去に一度もなく、噂された相手もいません。

たまにイッテQ!で共演している出川哲郎さんとの仲がもてはやされたりしていますが・・・それはないでしょう(笑)

10代から仕事、受験と大忙しだったので、恋愛している暇はないのかもしれません。

その内、Jリーガーやプロ野球選手と、熱愛報道が出るかもしれませんね。

高校どこ?大学は早稲田で学部は商学部?

谷まりあさんの通っていた高校は、専修大学松戸高等学校です。この高校の偏差値はなんと72!千葉県内でトップクラスの進学校です。

可愛いだけではなくて、とっても頭が良いのですねー!

その後、1年間の浪人を経て、一般入試で早稲田大学商学部に入学しました。

浪人生活を送っていた際には、一日10時間以上も勉強していたということで、かなり努力家であることが分かります。

高校2年生の時から「私立大のトップレベル」の早稲田大に憧れていました。私は目標を高く設定するタイプ。やれるだけやろうと思いました。

でも、現役の時、早稲田は不合格。中学生の時に始めた芸能活動もできなくなっていて、ショックは大きかったです。

母とじっくり話し合い、やはり4年制大学へ行った方が将来の道がたくさんある、と思いました。

合格していた私立大はあったけれど、早稲田でなければ後悔すると思ったし、私の姿を見せることで、妹や弟の見本になりたいと思いました。

浪人中は、仲良しの女友達の中で自分だけが浪人生ということで、かなりストレスもたまったそうです。

夏ごろ、自分を見失いそうになりました。

芸能界で活躍している友達はキラキラ輝いて見えるのに、私は事務所にも学校にもどこにも所属していなくて、何者でもない。

勉強をやめたいならやめられる。でも、何かを諦めたのに芸能界でうまくいくかというと、そんな甘いはずはない。

受験は人生の通り道の一つだと思った時に、ここで諦めたくないと思いました。

かなりストイックで努力家なんですね!インスタグラムだけを見ていた友達は、「谷はもう(合格は)無理だろう」って思われていたとか。

一生懸命勉強しているのに、かなり悔しいですよね。無事合格し、今は仕事でも、写真の映り方や自分自身の見せ方を、すぐに振り返るようにしているとか。

浪人生時代の経験が仕事にも活かされているのですね!今後の活躍もたのしみです。

日本人ぽくないけど、ハーフモデルなの?

かわいらしさと、どこか日本人離れした顔を持つ谷まりあさん、ハーフなのでしょうか?

調べてみると、プロフィールで前述したとおり、日本人とパキスタン人のハーフだということが分かりました。

どおりで美しいわけです。上の画像はすっぴんのようですが、いうまでもなく美しいです。

日本語、英語以外の言語が話せるかは不明ですが、海外で活躍する日も、そう遠くないのかもしれませんね。

この辺で谷まりあさんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする