織田裕二の結婚相手の嫁は誰?子供はゆうた?山本にモノマネ禁止令?現在がんなの?

織田裕二プロフィール

生年月日 1967年12月13日
出身地  神奈川県
血液型  A型
職業   俳優
代表作  彼女が水着にきがえたら、踊る大捜査線、ホワイトアウ、東京ラブストーリー、振り返れば奴がいる、お金がない!、真昼の月 etc

今回は、俳優の織田裕二(おだ ゆうじ)さんについてご紹介します。

1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイクします。

「月9」という言葉もこの作品から生まれ、さらに1997年のフジテレビ系ドラマ『踊る大捜査線』は、ドラマ放送終了後のビデオレンタルなどで評判が良く、映画化されて人気を博しました。

劇場版は実写邦画歴代1位の記録を残し、自身の代表作となりました。

結婚相手の嫁って誰なの?

長らく独身だった織田裕二さんですが、2010年8月16日に12歳年下の一般人女性と結婚しました。

結婚発表時に、公式ホームページ上で、「結婚を機に、今まで以上に頑張る所存です」とコメントを発表したが、夫人についての情報は「相手は一般女性なので、詳細に関しては控えさせていただきます」として明かすことはなかった。

その後も、結婚生活の詳細を親しい仕事関係者にも伝えることなく、プライベートの様子は、ベールに包まれたままだった。

12年11月に出席したイベントでも「僕は役者なので、私生活とか、あまり皆さんに分からないほうがいいと思っています」と話していた。

しかし、どうやら奥さんは美容研究家の野田舞衣子さんだそうです。とってもお綺麗な方ですよね!!

元モデルだそうで、今流行りのプロ彼女というやつかもしれません。

野田舞衣子さんは、芦屋出身の超お嬢様だそうですね!!家柄も良く美人さんとは非の打ち所がないですね!!

織田裕二さんも小学生から桐蔭学園で過ごされていて、価値観も合うのかもしれません!!

野田舞衣子さんの父親はアパレル企業の重役だそうです!!ファッション業界団体の役員も務めていて、ファッション界の重鎮とも言われています。

今までも、白金や青山などの高級住宅街で暮らしてきたという超セレブだそうです!!

2003年からお付き合いを始めて、2010年に結婚だったらしいですが、長いお付き合いだったにもかかわらず、スクープされなかったのですね。

子供は「ゆうた」って名前?

織田裕二さんと奥さんとの間には、2014年10月末に第一子となる男の子が誕生しました。

俳優織田裕二(46)が父親になった。舞衣子夫人(35)が先月末、第1子となる男児を出産していたことが26日、分かった。母子ともに健康という。

2人は、2010年8月16日に婚姻届を提出し、同21日に織田の公式ホームページで結婚を発表した。結婚5年目で、待望の第1子を授かった。

男の子の名前は公表されていませんが、「ゆうた」ではないかとの情報があるようです。

2018年8月現在、ゆうたくんは3歳ですが、どんな男の子なのか気になりますね。

プライベートに関しては織田裕二さんの口から語られることがないので、謎の部分が多いのです。

山本高広にモノマネ禁止令?

山本高広さんのモノマネといえば、『キター!』『事件は会議室で起きてるんじゃな~い!』など、テンション高めでデフォルメしたのが有名ですよね。

確かに似ていますし、大げさだけどわかる!となってしまいます。

しかし、そんなモノマネを本人である織田裕二さんは許せなかったようです。

織田裕二さんが激怒したのは、自分のイメージが下がると思ったからだそうですね。

実際に、織田裕二さんを見かけた一般人に山本高広さんのネタをやるように強いられたり、言われたりしたそうなので、その点でも不満だったようです。

話題を呼んでいるのは、山本さんが「キターッ!」と叫ぶ芸。元々は織田さんが目薬のCMで使っていたフレーズだが、今となっては、山本さんの「代表作」とも呼べる存在だ。

ところが、「本家」とも言える織田さん側は、これを快く思っていないようなのだ。

例えば、2008年7月のドラマの制作発表会見で、織田さんは山本さんについて“「僕は笑えない。見ていると、心配になっちゃいますよ」と、不満を漏らしている。

織田裕二さんは、かつて出演した月9の視聴率が低かったのも、山本高広さんのモノマネのせいだと思い込んでいたのだとか。

すべてはモノマネのせいだと思い込んでしまい、山本高広さんにNGを出したとも言われています。

同誌によると、織田さんの事務所が各局に送った文書は、

「今後貴局放送において、山本氏をはじめ織田の物真似をパフォーマンス内容とするタレントを使用した番組企画をする場合には(中略)当社の承諾を得ていただきますように、強く要望する次第です」

「山本氏の本件物真似は、織田の人格権、肖像権、ひいて名誉を侵害し違法な不法行為となる可能性が極めて高い行為であると言わざるを得ません」

ここまで大事になるなんて、山本高広さんの商売あがったりですね。

現在がんを宣告されたって本当?

織田裕二さんについて調べていると、「がん」という心配なワードが出てきます。

確かに最近テレビで見かけなくなりましたので、病気で治療中では?という噂に発展したのかもしれませんね。

しかし、やはり「がん」というのはただの噂のようです。

・色が黒い
・映画「僕の妻と結婚してください」で、がんで余命宣告された主人公を演じた

以上のようなことが原因と思われます。

色が黒いからというのはちょっとどうかなと思いますけど・・・俳優という仕事柄、演じた役どころでイメージが定着するのは仕方ないのかもしれませんね。

結婚はゲイ隠しのカモフラージュ?

結婚して幸せいっぱいの織田裕二さん。これまで女性のうわさがほとんどなく、まさに電撃婚でしたね。

そのせいか、常々同性愛者なのでは?との疑惑がささやかれていました。

織田の結婚にゲイのメッカ・新宿2丁目の住人たちが驚天動地の反応を示したというのだ。

なんでも、織田は某イケメン俳優のように2丁目で働いていたとか、某歌手のように2丁目の店に通っていただけではないというが、住人の間ではすっかり「ゲイ能人」と思われていたようだ。

さらに、同じくゲイ疑惑がささやかれている歌手の平井堅さんと、ハワイで極秘結婚したなんて言われています。

このイメージを払しょくするためのカモフラージュ婚なんていわれていますが・・・疑惑を晴らすには、織田裕二さんが直接否定するしかなさそうですね。

この辺で織田裕二さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする