賀来賢人と榮倉奈々の子供はデキ婚?結婚相手との馴れ初めは?離婚危機なの?

賀来賢人プロフィール

生年月日 1989年7月3日
出身地  東京都
血液型  O型
職業   俳優
代表作  クローバ、花子とアン、花燃ゆ、Nのために、銀色の雨、ソフトボーイ、Paradise Kiss、斉木楠雄のΨ難 etc

今回は、俳優の賀来賢人(かく けんと)さんについてご紹介します。

デビューのきっかけは、偶然賀来家の家族写真を見た事務所の人から「この子(賢人)に連絡が欲しいと伝えてください」と名刺を預かり、伝言を聞いた賀来本人が連絡したことでした。

2007年に映画で俳優デビューし、2012年、ドラマ『クローバー』で主演を務めて注目を集めます。

その後も『花子とアン』『花燃ゆ』など話題作に出演し、自身が常連出演者を務める福田雄一作品の一つである映画『斉木楠雄のΨ難』への出演によってコメディ俳優としてのブレイクを遂げました。

榮倉奈々との子供はデキ婚?

賀来賢人さんは2016年8月7日、『Nのために』(TBS)で共演した女優の榮倉奈々さんと結婚したことを発表しました。

賀来は「彼女となら明るく楽しい人生を過ごせると思い入籍いたしました」とコメントを寄せ、榮倉も「これから先、人生に起こる全ての事を彼と共に乗り越えていけると思うと、とても幸せです」と喜びを記している。

その後、2017年3月14日に榮倉奈々さんが第一子を妊娠し、夏に出産予定であることが明らかになりました。

結婚から一年後の出産ということで、計算的には結婚してすぐに子宝に恵まれたということでしょう。

できちゃった結婚ではなさそうですね。

結婚相手、榮倉奈々との馴れ初めは?

ドラマ「Nのために」での共演がきっかけで交際スタートした2人ですが、どのようにして交際に発展したのでしょうか。

賀来は「奈々さんはドラマで共演して、その時も仲が良かったんですけど、終わってからもそのチームで飲み会をよくしていて。でもまさか結婚するとは思ってなかった」と榮倉との馴れ初めを告白した。

また、交際約1年でどのように結婚に踏み切ったのか聞かれ、「緊急の時に場所を教えるアプリに登録しようって話になって、登録しようとしたんですけど、家族の欄じゃないと場所がわからなくて」と賀来が答えると、ダウンタウン、坂上らは「うまいことするな~」と口々にツッコミ。

照れ隠しかと思いきや、その出来事がプロポーズを決意するきっかけになったそうです。

「緊急のときに連絡を取れるような関係になれていないのが悔しくて、その次の日に…」と結婚を申し込んだそう。

「結婚して下さい」とプロポーズすると、榮倉からは「本気のやつ?会社に確認していいやつ?」と返事が返ってきたといい「本気です」と思いを伝えたことを明かした。

何がきっかけで結婚するか分からないものです。

やはり結婚はタイミングですね!

離婚危機って本当?

2017年6月には待望のお子さんも誕生し、順風満帆な結婚生活を送っている賀来賢人さん夫妻。

なぜだか離婚の噂があるようですが、現段階での離婚疑惑はデマだといえるでしょう。

噂の発端としては、賀来賢人さんの叔母である賀来千香子さんが離婚したことにあるようです。

賀来千香子さんの、お兄さんのお子さんが賀来賢人さんでした。

流石に親戚だけあって仲も良い様子で、一緒に暮らしていた時期もあったようです。

その賀来千香子さん、宅麻伸さんとご結婚され「おしどり夫婦」として知られ、離婚はないだろうとの世間の思惑を覆し、離婚に至った経緯がありました。

このような背景があり、離婚の噂が浮上したと思われますが、その心配は不要のようですね。

嫁との身長差はどのくらい?

2人ともモデルをやっていたこともあり、かなり身長が高いですよね。

賀来賢人さんの公式プロフィールによると、身長は178cmと発表されています。

しかしながら、賀来賢人さんは公表している身長よりも実際は低いのではないか?という疑惑が浮上しているのです。

賀来賢人さんに身長詐称の疑惑が浮上したきっかけは、妻である榮倉奈々さんとのツーショット画像からでした。

まずは榮倉奈々さんの身長ですが、「榮倉奈々オフィシャルサイト」のプロフィールにおいて、身長170cmであることが掲載されています。

ということは178cmの賀来賢人さんは、榮倉奈々さんより8cm身長が高いはずですね。

賀来賢人さんが少し右足を曲げていますが、榮倉奈々さんと同じくらいの身長に見えますよね。

8cm差があるとすればもう少し写真でも差が出るはずですよね。

しかし実は、榮倉奈々さんにも身長の「逆サバ読み疑惑」が浮上していたのです。

本当は170cmより背が高いのでは?と言われているので、賀来賢人さんとの身長差はほぼ無い可能性がありますね。

この辺で賀来賢人さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする