山崎育三郎と安倍なつみとのチューがすごい?神田沙也加とはフライデー破局?

山崎育三郎プロフィール

生年月日 1986年1月18日
出身地  東京都
血液型  A型
職業   俳優
代表作  下町ロケット、お義父さんと呼ばせて、悪党たちは千里を走る、あなたのことはそれほど、宮沢賢治の食卓、あいの結婚相談所 etc

今回は、俳優の山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)さんについてご紹介します。

2007年に大ヒット舞台『レ・ミゼラブル』でマリウス役として舞台デビューし、ミュージカル俳優としての地位を確立します。

俳優として活躍し、そのクールな顔立ちから若い女性を中心に人気を集めているのが、「山崎育三郎」さんですね。

まだ若手俳優かと思いきや、幼いころから音楽スクールで学んできた確かな実力と、演技力には定評があり、難しい役柄もこなす期待の俳優さんです。

安倍なつみとのチューがすごい?

現在の妻である元モーニング娘。の安倍なつみさん。2人は2011年ミュージカル「嵐が丘」の夫婦役で共演したことをきっかけに、交際に発展しました。

2人は交際後すぐにフライデーにキス写真が掲載され、交際は確実なものとされました。

冒頭のシーンは、河村隆一(41)主演の舞台『嵐が丘』の東京公演が最終日を迎えた7月24日のこと。実は、その前日にも嵐のような“事件”は起きていた。

23日の夜、都内にある高級ホテル45階のラウンジで、河村も交えた2対2の飲み会が行われていた。向かい合う形のボックス席で、少し遅れてきたなっちは、「おつかれさまです」といって、自然に山崎の隣の席へ。

4人は赤ワインで乾杯、楽しげな会話が進む。やがてほろ酔いになったなっちは山崎の膝に体をあずけるように密着。

だんだんとふたりきりの世界へはいっていくのだった。

しばらくすると、山崎がなっちのほっぺにいきなりチュー。もちろん周囲にいた客はぶったまげ。

しかし、ふたりはさらにエスカレートしていく。やがて向かい合うと、口と口でキス。何か会話を交わしてから、また見つめ合ってキス。

こうしてふたりは、たった10分間の間に5度もチューを交わしたのだった。そんなふたりの関係について、ある舞台関係者がこう話す。

この写真はかなり情熱的なキス写真として、世間を騒がせましたね。

10分間で5回もチュー、もうこれは「美女と野獣」ならぬ、「野獣と野獣」といったところでしょうか!

4年の交際を経て結婚しましたが、交際中は5歳年上のなっちの方が収入が多いため、山崎育三郎さん自身が「自分も売れるまで結婚しない」と断言していました。

このために、4年間という時間をかけて実績を積んだのではないか?と言われています。

できちゃった結婚と騒がれましたが、4年間なっちのため、売れっ子になるために仕事に励み、とうとうドラマ「下町ロケット」で俳優として開花したわけですね。

このことからも、2人は真剣に交際をしていたのでしょう。

神田沙也加とはフライデー破局?

山崎育三郎さんの元カノといえば、神田沙也加さんですよね。

2人は2009年に舞台「レ・ミゼラブル」で共演してから交際に発展しました。

一時は「松田聖子公認のカップル」と騒がれていましたが、いつのまにか自然消滅していました。

山崎育三郎さんと妻である安倍なつみさんは、4年の交際期間を経て結婚をしているので、2011年から熱愛関係にあったはずですよね。

山崎育三郎さんと神田沙也加さんは2013年ごろに噂され、デートしている現場も激写されてしまったのです。

安倍なつみさんがどこまで知っているかは不明ですが、もし2人の関係を知らずに結婚をしていたならば、大騒動に発展しても不思議ではありません。

ところが山崎育三郎さんと神田沙也加さんの熱愛の噂は、自然と風化していき誰も触れなくなりました。

なんだかはっきりしない関係で終わってしまったようですが、2人は別々の相手と結婚しているので、もう過去の話でしょう。

身長サバ読み、実は身長低いって本当?

そんな山崎育三郎さんですが、どうやら実際は身長が低いのではないか?というサバ読み疑惑が浮上しています。

ミュージカル俳優にはよくあることのようですが、公式プロフィールでは177cmという山崎育三郎さん。

実際の身長は171~172cmくらいではないか?と言われています。

しかし、他の有名人との比較から、ほぼ公表している通りの身長であると思われます。実際よりもサバ読んでいることもなさそうです。

童顔なので、余計に低く見えてしまうのかもしれませんね。

本名は何ていうの?

子役時代からドラマに出演していた山崎育三郎さん。

なかなか珍しい名前なので、芸名なのでは?と思いきや、まぎれもなく本名のようです。

由来としては、男4人兄弟の3番目だから「育三郎」と名付けられたそうですね。

いまやぴったりのお名前ですよね!

母親は女の子がほしくて、「育三郎」さんが産まれる時には女の子の名前も考えていたそうです。

兄からは「歌なんか歌ってないでスポーツしろ!」「女みたいなことやるな!男だったらラグビーやれ」と言われていたんだとか。。。

ですが今では、山崎さんの出演するミュージカルを家族で観に来てくれて、その後、兄が仕切って食事会を開いてくれるそうです。

今は家族全員で応援してくれているようで、心強いですね。

この辺で山崎育三郎さんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする