森崎ウィンは歌手でも活躍?英語の発音はうまい?スピルバーグが絶賛?

森崎ウィン プロフィール

生年月日 1990年8月20日
出身地  愛知県
血液型  0型
職業   俳優、歌手
代表作  シェリー、学校じゃ教えられない!、レディ・プレイヤー1、名もなき毒、ごくせん、クジラの島の忘れもの、母さんがどんなに僕を嫌いでも etc

今回は、森崎ウィン(もりさき うぃん)さんについてご紹介します。

ミャンマー語、英語、日本語を話せるトリリンガルである森崎ウィンさん。中学2年生のときにスカウトされ、尾崎豊追悼映画『シェリー』で初主演を務めます。

2016年6月、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』(2018年3月公開)で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たし注目を集めました。

その演技力と天然ぽいキャラクターで、じわじわと人気を集めている俳優さんです。

森崎ウィンは歌手でも活躍?

俳優としてのイメージが強い森崎ウィンさんですが、2008年にPrizmaXという音楽グループに加入しています。

イベントやライブ出演などで活動し、同時期に俳優としてもデビューする。2010年8月、他のPrizmaXメンバー(島田翼を除く)とともにNAKED BOYZの結成メンバーとなり、同年末に卒業する。

2013年3月、PrizmaXとしてシングル「Mysterious Eyes/Go!」でCDデビュー。

セカンドシングル「Ready」は、森崎が作曲を担当した。

森崎ウィンさんが、ハリウッドデビューしたことをきっかけに、PrizmaXとしての活動は一時停止しています。

その後撮影を終え、PrizmaXとして活動を再開していますが、現在は俳優業がメインのようですね。

森崎ウィンさんの歌唱力についてですが、賛否両輪あるようで、上手なんですがクセがあるタイプのようです。

見た目に反して声量がすごく、とにかく気持ちのこもった歌い方をしています。

CDで聴くよりも実際に動画で見た方が、森崎ウィンさんの歌の上手さを理解できそうですね。

英語の発音はうまいの?

ネイティブなみの英語力をもつ森崎ウィンさん。実は英語については、英語の先生をしていた祖母の影響が大きいそうです。

当時ミャンマーで生活をしていた森崎ウィンさんは、ミャンマー語だけ話せれば生活に支障はありませんでした。

しかし、世界共通言語である英語は、大人になってから役に立つということを祖母が教えてくれたそうです。

森崎さんの祖母は、英語の教師で日頃から森崎さんに英語の大切さや便利さについて語っていたそう。

英語が話せれば世界中の人とコミュニケーションをとることもできるし、世界が広がるんですよね!!

森崎さんは祖母からのアドバイスを受け、英語を話せるようになったんじゃないかと言われています。

祖母のおかげで、森崎ウィンさんの英語の発音はネイティブレベルにまで成長したそうです。

全世界で公開されるスピルバーグ作品に抜擢された理由の一つにも、その高い英語力が影響しているのではないでしょうか。

名付け親でもあり、英語の大事さを教えてくれた祖母の存在は、森崎ウィンさんにとってかなり大きな存在でしょうね。

スピルバーグが演技を絶賛?

森崎ウィンさんがハリウッドデビューしたのが「レディ・プレイヤー1」。

あのスティーブン・スピルバーグ監督に認められた俳優として、一躍有名になりましたね。

LAでの最終オーディションが2015年9月末。その場で初めてお会いしたスティーブン・スピルバーグ監督は、めちゃくちゃフレンドリーでした。

緊張で何やってるのかも分からなくなってる僕に対して、“Hi, Win, Good to see you! Thank you for coming!”みたいな。

めっちゃ笑顔。その笑顔が赤ちゃんみたいにかわいかった。それが僕のスティーブン第一印象。

オーディションを勝ち取っただけでもすごいですが、スティーブン・スピルバーグ監督から「日本一演技がうまい俳優」とお墨付きをもらいます。

これはかなり名誉なことですよね!

スピルバーグ監督には「first to the egg」(訳:最初に俺がやってやるぜ!)というセリフが、大変上手だと誉められていました

本当に才能あふれる方なのですね。

熱愛彼女はいるの?

2018年ブレイク俳優に間違いなく名前があがる森崎ウィンさんですから、気になるのは熱愛彼女がいるかどうかですよね。

調べてみましたが、森崎ウィンさんには現在彼女はいないようです。

週刊誌に撮られたこともありませんし、今年に入ってから一気に大ブレイクしたので、今は仕事で忙しくて彼女どころではなさそうです。

ちなみに、過去には高校生のときに彼女と一緒に写ったプリクラが出回ったという噂がファンの間で流れていますが、個人的には信憑性は低いと思います。

ほかにも、女優の仲里依紗さんが彼女だと噂されたこともあったのですが、仲里依紗さんは現在、結婚されていますし、これについても信憑性は低いかな~と思いますね。

森崎ウィンさんと仲里依紗さんは、2008年のドラマ「学校じゃ教えられない!」で共演しており、それがキッカケで熱愛の噂が流れたようです。

たしかに2ショットの画像を見たら、お似合いといえば、お似合い。

そんな森崎ウィンさんの好きな女性のタイプは、素朴でおとなしい雰囲気のだそうです。

幼いころから芸能界で活躍しているわけですから、洗練された芸能人よりも一般人のような素朴な子が好きなんでしょうね。

また、身長は低めでポッチャリしていて黒髪の子が好きというから意外ですよね。

本名は何ていうの?

森崎ウィンさんの『ウィン』という名前は、実は本名だそうです。ミャンマーでの名前に『ウィン』が入っており、日本で芸能活動を開始する際に苗字の『森崎』をつけました。

森崎ウィンさんの本名はビルマ語(ミャンマー語)で「Win Kyaw Htoo」といいます。本名の意味は「明るい」「有名な」「賢い」という意味だそうです。

森崎ウィンはハーフで両親の国籍は?

森崎ウィンさんはハーフに見えますが、実は両親ともにミャンマー人だそうです。

ということはハーフではなく、純粋なミャンマー人なんですね。

ハリウッドデビューが決まったときに、まず母親に電話で報告したかったということを言っていたので、母親との仲は良好のようです。

芸能界にスカウトされたときも、芸名考えてきてね。と事務所に言われた際、母親と一緒に占いにいって考えたというエピソードもあり、母は誰よりも森崎ウィンさんのことを考えていると思われます。

父親に関しては、毎日仕事で忙しい方のようで、森崎ウィンさんは母親のほうが仲はいいそう。

母は今、ミャンマーに帰っていて、父は仕事で忙しいので10歳はなれた弟と一緒にご飯をつくって食べるのだとか。

ミャンマー語が母国語なのに、ここまで日本語ペラペラなのがすごいですね!

この辺で森崎ウィンさんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする