飯豊まりえの実家は金持ち?ブサイクすぎるけど吉岡里帆にそっくり?

飯豊まりえプロフィール

生年月日 1998年1月5日
出身地  千葉県
血液型  B型
職業   モデル・女優
代表作  まれ、好きな人がいること、MARS〜ただ、君を愛してる〜、きょうのキラ君、暗黒女子、祈りの幕が下りる時、花のち晴れ〜花男 Next Season〜 etc

今回は、女優・飯豊まりえ(いいとよ まりえ)さんについてご紹介したいと思います。

2008年10月12日、「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」にて応募総数約800人の中からグランプリを受賞しモデルデビュー。

2011年6月号から『ニコ☆プチ』の姉妹雑誌にあたる『nicola』に移籍し、専属モデルを務めます。

2013年には最多9回の表紙を飾り、2014年1月号では珍しい単独表紙となります。

2014年8月1日発売の『Seventeen』9月号より同誌専属モデルに加わり、『週刊ヤングジャンプ』2014年12月18日発売号にて初めて水着グラビアを披露し、グラビアでも活躍します。

その後、女優としても数々の作品に出演し、2014年の『S -最後の警官-』(TBS系)への出演時には「新垣結衣似」として話題になります。

飯豊まりえの実家は金持ち?

飯豊まりえさんは千葉県千葉市出身です。中学生の頃はすでに芸能デビューを果たしており、学校は生浜中学校に通っていました。

またティーン達のカリスマ的存在の雑誌「ニコプチ」のモデルオーディションにも合格しています。

私も中学生の頃は、「ニコプチ」や「ハナキュー」のファッション雑誌を読みまくってました!

飯豊さんは同世代の女の子達の憧れの的であり、この頃からすでにモデルのスターだったことが分かりますね~!

きっと同級生や中学校の中では有名人だったに違いありませんね。

そんな飯豊まりえさんには、実家がお城級のお金持ちセレブという噂があります。

しかし、調べてみても飯豊まりえさんは、ごく一般的な家庭に産まれている様子でした。

私服がハイブランドだったりするので、そういったことからセレブの噂が出たのかもしれませんね。

ブサイクすぎるけど吉岡里帆にそっくり?

飯豊まりえさんは、若い女性にも人気ですが、「ブサイクすぎる」などと批判の声も上がっています。

なぜ可愛くないと言われるようになったのかというと、女優の新垣結衣さんに似ていると話題になった事があり、ガッキーファンから抗議が殺到したとか。

新垣結衣さんほどの人気女優と比べたら、どんな女優さんでもなかなか勝ち目がないですよね・・・

そんな飯豊まりえさんは、女優の吉岡里帆さんに似ているとも言われています。

ショートボブで黒髪のイメージが強い二人ですが、髪型が姉妹かと思うほど似てるんですよ~!

後ろ姿だけで判断したら、間違いなく見分けられないと思う。

次に、体型とスタイルです!飯豊さんは身長167cm、吉岡さんは158cmと身長は9cmほど違いますが、立ち姿のスタイルがそっくりなんです!痩せすぎない健康的な体格で、女性なら誰もが憧れちゃう美脚も似てるポイント。

最後は、笑った時のアヒル口です!飯豊さんと吉岡さんは笑った時に口角が上がるアヒル口になるんですが、お二人とも似てるんですよ~!

アヒル口が出来ない私にとっては、飯豊さんと吉岡さんのアヒル口は憧れなんです。

まるで姉妹?なんて言われるほどそっくりなお2人。

髪型、体型、口元などなど、全体的な雰囲気から似ていますね!

平野紫耀との身長差は?

ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」で平野紫耀さんと共演していた飯豊まりえさん。

撮影中に「しょうくん」と呼んでいたことから、はからずもジャニーズファンからの批判をあびてしまいました。

役柄では財閥令嬢かつ雑誌のモデルという美少女、西留めぐみ役を演じており、平野紫耀さんとツーショットシーンも多くありました。

飯豊まりえさんは身長が167㎝と、日本人女性の平均身長よりも高いですね。

平野紫耀さんは公式プロフィールによると171cmとありますので、2人の身長差は4cmということになりますね。

高校はどこなの?

現在20歳の飯豊まりえさんは、高校は日出高校に通っていました。

芸能人御用達の有名高校ですね。

日出高校出身の有名人といえば、葵わかなさんや足立梨花さんや滝沢カレンさんなど、モデルや女優さんも多いんですよね~。

しかも、多くの方が日出高校に在学中から芸能活動をしており、今では芸能界の第一線で活躍する方ばかり!

一般の高校よりも仕事と学業の両立がしやすく、都内の一等地に学校があるので通いやすいというメリットも多いんです。

飯豊まりえさんは、人気モデルの玉城ティナさんと同級生で、お互い高校を卒業した時に映画で共演するのを目標としており、「暗黒女子」で見事共演を果たしています。

高校卒業後は本格的に芸能活動をするため、大学には進学していないようです。

まれで放送事故ってどういうこと?

飯豊さんについて検索すると「放送事故 まれ」という関連ワードが表示されますが、一体何があったのでしょうか?

調べてみると飯豊さんは、2014年4月24日に放送された「めざましテレビ」に出演した際に放送事故を起こしていたと言われています。

まりえさんは、番組内の「イマドキ」というコーナーで流行りのバスアイテムを紹介していました。

アイテムを紹介する時のまりえさんの格好はバスタオル一枚でしたが、胸元に巻いていたタオルが下へと下がってしまったそうです。

しかしこれは生放送ではなかったためギリギリの状態で放送事故には至らなかったみたいですが、タオルが事故寸前まで下がっていたので当時は話題になっていました。

本人も少しずつタオルがゆるくなっているのは分かっていたと思いますが、コーナーの流れを止めてはいけないと根性で乗り切ったのでしょう。

ポロリ寸前であわや放送事故になるところでした。

きっと番組を見ていたファンも、お風呂グッズより飯豊さんのバスタオルに目がいっていたことでしょう(笑)

グラビアで水着姿を披露しているといっても、過激なショットはやらない飯豊さんなので、ファンからしたらかなりのサービスショットだったと思います。

そして関連ワードに「まれ」というワードが表示されるのですが、これは飯豊さんの代表作が朝ドラ「まれ」だったからです。

よって、まれで放送事故が起きた訳ではありません

彼氏の「ゆうご」って誰?

飯豊さんの彼氏について調べていくと、”ゆうご”というキーワードが浮かびあがりました。

2009年から2015年まで放送されていて、芸人のはんにゃやフルーツポンチなどが出演していたテレビ東京の子供向け番組「ピラメキーノ」でのあるコーナーがきっかけだとか。

そのコーナーは”大人になったら私は好きな人に好きっていえるかしら。

今のうちにちょっとだけ男女のかけひきを学んでおきたい”というテーマで、子役たちによる1日限定の恋愛劇場で毎日放送していました。

内容的には子役達の恋を応援するような企画で、子供版テラスハウスや、あいのりのような感じと言えば分かりやすいですね。

そこで「岸澤優吾」くんという子役と飯豊さんも出演し、見事2人がカップルとなりました。

その当時を知っているユーザーから彼氏=ゆうごというのが広まったようですね。

しかし、あくまで番組内での出来事。本当に付き合ったりしたのでしょうか・・・?

2人が出演していたのが2009年で、お互い小学6年生の時だったので、カップルというにはまだ早い気がしますね。

中にはただの番組内での話なので実際に付き合ったわけではないという情報もありますし、子役ですからすべて演技の可能性もありますよね。

今現在の恋人というわけではなく、あくまでも小学生の頃の番組内での甘酸っぱい恋愛(物語?)だったという事です。

大人になってからも交流があるのかは不明です。

可愛いくないって噂の真相は?

若い女性に絶大な人気を誇るファッション誌「seventeen」の専属モデルであり、女優として人気急上昇中の飯豊さんですが、ネット上では「可愛くない」との声が上がっています。

抜群の可愛さをほこる飯豊さんですが、なぜ可愛くないと言われてしまうのでしょうか。

調べてみると、過去に飯豊さんがCMに出演した際に、女優の新垣結衣さんに似ていると話題になった事があり、ガッキーファンからは批判の声が殺到していたんだとか。

新垣結衣さんといえば抜群の愛嬌と清純な雰囲気で男性支持率No.1、女性からもあこがれの的とされる唯一無二の存在ですよね。

飯豊さんの批判として多く挙げられていたのは、鼻が全然似ていないとのことで「ペチャ鼻」という言葉が多くありました。

飯豊さんは自分で似ていると発言した訳ではないのに・・・鼻を批判されるのってかなりかわいそうですよね。

さらに飯豊さんが地味であるという声も多く上がっており、ハーフモデルがひしめきあうモデル界の中で、飯豊さんの顔は普通過ぎると思われてしまうのでしょう。

ネット上では「オーラゼロ」「不細工ではないけど可愛くもない」といった意見が多く挙がっていました。

逆に外国人風の顔でないほうが、今のモデル界では目立って良いと思いますけどね。みんな一緒だったらおもしろくありませんし、個性がないですよね。

何も悪いことをしていないのに批判をうけるなんて芸能人は大変ですね・・・

この辺で飯豊まりえさんの紹介は終わりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする